0
¥0

現在カート内に商品はございません。

久保田酒造合資会社

〒910-0207

福井県坂井市丸岡町山久保27-45

TEL: 0776-66-0123

FAX: 0776-67-2367

久保田酒造のご紹介

わたしたちは福井県の小さな町で約260年余り酒造りに携わってきました。はじまりは宝暦3年。「失われた室町時代 伝説の酒『越前豊原の酒』をふたたび」当時の越前丸岡藩主から久保田家に下された命でした。

久保田酒造にしかない味をつくるこだわりは三つ。
一つ目は、この地から湧き出ている地下水。
二つ目は、地下水と似た水質の水田で自社栽培した酒米。
三つ目は、高品質で安定した麹造り。

日本酒の味を決めるのは、麹6割、米1割、水1割、造り手の技術2 割。
わたしたちはそのどれにも深く語れる経験と自信を持っています。

酒造りは、この地とともに喜び悲しんで成長してきた家業。
酒蔵がある丸岡町は小さいながらも人々が助け合う住みやすい町です。
この場所の住みやすさを保ち続けるためにも、わたしたちは稲を植え、水を汲んで、日々この場所でしかできない日本酒をつくり続けています。

「駒ヶ瀬屋」は毎年町内にある國神神社に奉納しています。
地元で育ったものでお酒をつくり、地元の神様に豊作への感謝を込めて奉納する。
それこそが本当の地酒だと信じ、私たちは今日も日本酒をつくっています。

「梅の酒」が第13回フェミナリーズ世界ワインコンクールにて金賞受賞

フェミナリーズ世界ワインコンクールとは

https://www.feminalise.com/?lang=jp-ja

女性審査員だけを対象にした画期的でユニークなコンセプトのコンクールです。2007年に始まった第1回目からどんどん拡大発展していき、2015年に世界的なコンクールとなりました。 女性審査員は、テイスティングの基礎的知識を備えたワイン業界で活躍する人たちから選ばれており、金賞を受けたワインは、本場フランスでは売り上げが数倍になるほどの認知度があります。

第13回目を迎える今回、パリ、パルク・フローラルでコンクールが開催され、4月4日(木)の審査会の後、4月8日(月)に結果が発表されました。今年は世界から5540アイテムのワインとリキュールが出品されました。
出品国は全部で16カ国。世界から集まった女性ワインプロの審査員は510名にのぼりました。審査を行えるのはソムリエや醸造家、ワインジャーナリスト、インポーターなどワインテイスティングのキャリアのある女性のみです。隣り合った審査員とは会話を交わすことなく、見事にオーガナイズされたソムリエたちの提供サービスとともに、10項目の審査ポイントを元に20点満点で審査します。

審査対象は、非発泡性及び、発泡性、リキュールワインを含めた世界のすべてのワイン(赤、ロゼ、白)、自然派、発泡酒、リキュール、テーブルワインです。今回受賞した梅の酒はリキュールに分類されます。

優秀なワイン・リキュールは金賞、銀賞が授与されます。

 

梅の酒について

「一筆啓上 梅の酒」は、あわら市産の完熟した紅映梅(べにさしうめ)だけを使っています。仕込みは久保田酒造の本醸造の原酒で、酒のうま味を活かすために砂糖の使用量を通常の半分以下に抑えています。

豊かな香りと風味、すっきりとした甘みが特長です。アルコール度数は12度と低めで飲みやすいのもポイントです。

今回の受賞は、福井の米、酒、果実がいいと世界に認められたようで、こんな嬉しいことはありません。是非みなさんにも飲んでいただきたいです!

今回の受賞のメダルシールは500mlクリアケース入りに貼ってあります!

カテゴリ一覧

ページトップへ