0
¥0

現在カート内に商品はございません。

久保田酒造合資会社

〒910-0207

福井県坂井市丸岡町山久保27-45

TEL: 0776-66-0123

FAX: 0776-67-2367

久保田酒造のご紹介

わたしたちは福井県の小さな町で約260年余り酒造りに携わってきました。はじまりは宝暦3年。「失われた室町時代 伝説の酒『越前豊原の酒』をふたたび」当時の越前丸岡藩主から久保田家に下された命でした。

久保田酒造にしかない味をつくるこだわりは三つ。
一つ目は、この地から湧き出ている地下水。
二つ目は、地下水と似た水質の水田で自社栽培した酒米。
三つ目は、高品質で安定した麹造り。

日本酒の味を決めるのは、麹6割、米1割、水1割、造り手の技術2 割。
わたしたちはそのどれにも深く語れる経験と自信を持っています。

酒造りは、この地とともに喜び悲しんで成長してきた家業。
酒蔵がある丸岡町は小さいながらも人々が助け合う住みやすい町です。
この場所の住みやすさを保ち続けるためにも、わたしたちは稲を植え、水を汲んで、日々この場所でしかできない日本酒をつくり続けています。

「駒ヶ瀬屋」は毎年町内にある國神神社に奉納しています。
地元で育ったものでお酒をつくり、地元の神様に豊作への感謝を込めて奉納する。
それこそが本当の地酒だと信じ、私たちは今日も日本酒をつくっています。

本醸造

本醸造について

「お米」と「米麹(こうじ)」、「水」、「醸造アルコール」で作られたお酒のことです。

特徴として、お米の精米歩合(ぶあい)が70%以下(30%以上のお米を削ったもの)で、原料米1トンあたり、120リットル以下の醸造用アルコールが添加された酒です。

しかし、醸造用アルコールが添加されたから純米酒に劣るわけではありません!
醸造の過程でアルコールを加えるということは、お酒を水増ししている訳ではなく、辛口のスッキリとした味になったり、防腐作用があったりします。
また、添加できる醸造アルコールの量は、使用する米の重量10%までと規定があります。
その添加されるアルコールは蒸留して作られた純粋なアルコールで、合成したものではありません。醸造アルコールは、本醸造酒のスッキリとした味わいを出すために必須の原料なのです。

本醸造種の味わいにおける最大の特徴は、すっきりとした辛口です。
本醸造酒に添加される醸造アルコールそのものは非常に辛口ですので、醸造アルコールが添加された本醸造酒も辛口な味わいに仕上がるという訳です。
米の旨みも充分生かしつつ、すっきりと、後味は爽快なのが魅力な本醸造酒は、飲み飽きないですし、食事にも普段の晩酌にも最適です。

4件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ