0
¥0

現在カート内に商品はございません。

久保田酒造合資会社

〒910-0207

福井県坂井市丸岡町山久保27-45

TEL: 0776-66-0123

FAX: 0776-67-2367

久保田酒造のご紹介

わたしたちは福井県の小さな町で約260年余り酒造りに携わってきました。はじまりは宝暦3年。「失われた室町時代 伝説の酒『越前豊原の酒』をふたたび」当時の越前丸岡藩主から久保田家に下された命でした。

久保田酒造にしかない味をつくるこだわりは三つ。
一つ目は、この地から湧き出ている地下水。
二つ目は、地下水と似た水質の水田で自社栽培した酒米。
三つ目は、高品質で安定した麹造り。

日本酒の味を決めるのは、麹6割、米1割、水1割、造り手の技術2 割。
わたしたちはそのどれにも深く語れる経験と自信を持っています。

酒造りは、この地とともに喜び悲しんで成長してきた家業。
酒蔵がある丸岡町は小さいながらも人々が助け合う住みやすい町です。
この場所の住みやすさを保ち続けるためにも、わたしたちは稲を植え、水を汲んで、日々この場所でしかできない日本酒をつくり続けています。

「駒ヶ瀬屋」は毎年町内にある國神神社に奉納しています。
地元で育ったものでお酒をつくり、地元の神様に豊作への感謝を込めて奉納する。
それこそが本当の地酒だと信じ、私たちは今日も日本酒をつくっています。

純米大吟醸

純米大吟醸について

「純米」とは、「お米」と「米麹(こうじ)」と「水」だけで作られたお酒のことです。
「大吟醸」とは、お米の精米歩合(ぶあい)が50%以下で、低温でじっくりと時間をかけて作られたお酒です。お米が元の半分以下になるまで削られて、お米の旨みだけが残った状態になります。

磨いたお米(精米歩合の数字が低い)ほど「すっきりさ、香りの華やかさ、軽さ、薄さ」といった特徴が目立つようになります。そのため、旨みだけが残ったお米でじっくり作られたお酒は、とても香りが華やかで味わい深いものになります。

また、醸造用のアルコールを使っていないことも純米大吟醸の特徴です。お米をたくさん磨いても、醸造用のアルコールを10%以上使用したものは、普通酒となってしまいます。

純米大吟醸は、とても手間のかかったお酒なので、是非飲み比べて楽しんで欲しいです!

5件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ